海ごみ対策with岩手県

7/17 国立公園クリーン作戦(浄土ヶ浜)活動報告

三陸ジオパーク・ジオサイトである「浄土ヶ浜」園地内では、7月22日の海開きを前に環境整備とともに貴重なジオサイト「浄土ヶ浜」を再認識しようと青空の下、国立公園クリーン作戦が行われました。地元の企業・団体、関係者など大勢参加、ごみ拾いに汗を流しました。

本日は晴天なり・・・

この日の宮古市は最高気温27℃

透き通る青空のもと参加者は感染予防対策を徹底したうえ、受付を済ませました。

参加者は8班に分かれ、各担当する活動場所へ移動して約1時間の清掃活動を行います。

すっきりと晴れ渡った浄土ヶ浜では、色鮮やかな芝生がきれいに整備されいます

今回は国立公園園地内の清掃ということで、臼木山地区生活環境保全林の清掃活動です

臼木山地区生活環境保全林
早速、歩道の脇にごみ発見!
山の中は木洩れ日が差し込み森林浴を浴びながらのごみ拾い
思いのほかごみが少なく、きれいな臼木山
山道を抜けて沿道のごみ拾いへ向かいます
沿道のごみ拾い
臼木山地区の清掃活動を担当した皆さん、お疲れ様でした。(撮影にご協力ありがとうございました)
浄土ヶ浜レスト前では、回収したごみを分類ごとに分別作業
あれ、ごみはまだあるかな?
今日回収した一番の大物、これは空きビンです!

清掃活動終了後、宮古市三陸ジオパーク推進協議会 学術アドバイザーによる「ジオサイト・浄土ヶ浜について」をテーマとしたジオ解説が行われました。

浄土ヶ浜の成り立ちや、ジオパーク活動の意義など分かりやすく解説
最後は浄土ヶ浜をバックに全員で記念撮影

梅雨明けの快晴のもと、約1時間半の清掃活動が行われました。立っているだけでも汗がにじみ出てくる中、参加者全員が「浄土ヶ浜をきれいにする」という、同じ目的で環境保全活動を行いました。

皆さん、大変お疲れ様でした!

撮影:2021年7月17日

« »