海ごみ対策with岩手県

6/6 春季 御所湖統一清掃活動 活動報告

~御所湖の清掃を続けて41年~

御所湖周辺の子供会、婦人会、 老人クラブなどの団体と、「御所湖の清流を守る会」の会員、並びに行政機関関係者総勢約700人が参加、青空の下御所湖周辺の清掃活動が行われました。

今回、盛岡セイコー工業株式会社様(代表取締役社長 林 義明)約40名が参加。毎年、この御所湖の一斉清掃に合わせ、有志を募って年2回湖畔の清掃活動を行っています。

朝6時、ごみ袋と軍手、また各自が持参した「ごみ用火ばさみ」を手に集合。

「去年は、コロナの影響で中止にした。今年も状況は厳しいものの、何としてもやりたかった。」と大張り切りの林社長。

人工的なごみは、湖畔には比較的少なく。
道路沿い、空き缶やペットボトルが落ちているのを発見!!

緑鮮やかな早朝の湖畔。最高の清掃日和となりました。

お揃いのジャンバーでチームワーク抜群!

盛岡セイコー工業 

約50年前に「日本の中のスイス」雫石町の豊かな自然ときれいな水を求めて、時計製造の拠点を設けるべく岩手にやってきた「盛岡セイコー工業」は、「岩手県の誘致企業第1号なんです」とのこと。現在、約650人が働いています。

雫石町の豊かな自然ときれいな水のために。

秋の清掃活動も頑張るぞ!

撮影:2021年6月6日

«